約款

 

一般社団法人関西防災協会の会員約款となります。

 

第 1 章 総則

第 1 条 (名称)
本会は、一般社団法人関西防災協会と称する。

第 2 条 (事務所)
本会は、主たる事務所を兵庫県西宮市に置く。
2 本会は、理事会の決議により、従たる事務所を必要な地に置くことができる。これを変更又は廃止する場合も同様とする。

第 3 条 (目的)
本会は、社員の防災活動と経済活動を支援する活動を行い、もって中小企業の振興に寄与することを目的とする。

第 4 条 (事業)
本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)防災に関する調査及び研究
(2)防災に関する情報の収集及び提供
(3)損害保険代理店及び生命保険募集に関する業務
(4)団体保険に関する事業
(5)社員の福利厚生に関する事業
(6)その他本会の目的を達成するために必要な事業

第 2 章 会員

第 5 条 (法人の構成員)
本会の会員は、次の2種とし、正会員をもって一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(以下「一般法人法」という。)上の社員とする。
(1)正会員 本会の目的に賛同し入会した者
(2)賛助会員 当法人の事業を援助するために入会した者

第 6 条 (入会)
正会員又は賛助会員として入会しようとする者は、理事会が別に定める入会申込書により、申し込むものとする。
2 入会は、本会の目的に賛同した法人及び個人並びに団体について、会長がその可否を決定し、これを本人に通知するものとする。

第 7 条 (会費)
正会員は、社員総会において定める会費規程に基づき会費を支払わなければならない。
2 賛助会員は、会費規程において別に定めるところにより会費を納入しなければならない。
3 前2項の会費については、その全額を本会の活動に必要な経費に充てるものとする。

第 8 条 (任意退会)
正会員及び賛助会員は、理事会が別に定める退会届を提出して、任意にいつでも退会することができる。

第 9 条 (除名)
正会員が次の各号の一に該当する場合には、社員総会において総正会員の半数以上であって、総正会員の議決権の 3 分の 2 以上の議決に基づき、除名することができる。
この場合、その正会員に対し、社員総会の 1 週間前までに、理由を付して除名する旨を通知し、社員総会において、決議の前に弁明の機会を与えなければならない。
(1)本会の定款又は規則に違反したとき
(2)本会の名誉を傷つけ、又は目的に反する行為をしたとき
(3)その他の正当な事由があるとき
2 賛助会員が前項各号の一に該当する場合には、理事会の決議に基づき除名することができる。
この場合、その賛助会員に対し、理事会の 1 週間前までに理由を付して除名する旨を通知し、理事会において、決議の前に弁明の機会を与えなければならない。
3 前 2 項により除名が決議されたときは、その会員に対し通知するものとする。

第 10 条 (会員の資格喪失)
前 2 条のほか会員が次に各号の一に該当する場合には、その資格を喪失する。
(1)死亡し、若しくは失踪宣告を受け、又は会員である法人又は団体が解散したとき
(2)成年被後見人又は被保佐人になったとき
(3)6 カ月以上会費を滞納したとき
(4)総正会員の同意があったとき

第 11 条 (会員資格喪失に伴う権利及び義務)
会員が前 3 条に該当する場合には、本会に対する会員としての権利を失い、義務を免れる。ただし、未履行の義務は、これを免れることができない。
2 本会は、会員がその資格を喪失しても、既納の普通会費及びその他の拠出金品は、これを返還しない。